売上UPさせるために必要なこと

こんにちは。カネモトです。

私たちは「1棟貸民泊集客」に特化した、

民泊運営代行会社です。

 

 

 

 

 

 

皆さんは日々の広告費に

いくらぐらいかけていますか?

 

 

あるいは、

クーポン値引きによって

どれ程の利益を削っていますか?

 

 

これからも

新規顧客獲得に広告費や

値引き合戦の中で戦うのを続けますか?

 

 

じゃらんnetの販促サポートパックや

楽天トラベルの広告売り込みは今後益々

強まっていくでしょう。

 

 

それを脱する方法が

既存顧客重視の集客方法への転換です。

 

 

あなたの宿が半分、

リピーターさんだった時を

想像してみて下さい。

 

 

あなたの宿のことを

「好きだ」と言ってくれて

再訪してくれるお客様が

増えて行くことを

想像して下さい。

 

 

それでも

「新規集客を頑張る」

というのであれば、

ここから先は

お読みいただかなくても結構です。

 

 

・・・

・・・

・・・

 

 

続きをお読みいただいている方。

ありがとうございます!

 

 

自己流でやった時の

思わぬ落し穴についてお話ししますね。

 

 

 

実はSNSの発信や

手紙の文面を真似ただけでは

うまくいかないことがあります。

大切なことです。

 

 

どうすれば

リピートが増えるのか。

それは、お客様に

もう一度お越しいただくために、

 

 

=================

施設としての「独自の強み」を持ち、

お客様に選ばれる理由として印象

づけておく

=================

 

 

ことです。

最近は弊社管理している施設は

70%で可動しています。

私達が常々言っているのは、

 

 

=================

全ての施設に

その施設にしかない独自の強みがある。

=================

 

 

ということ。

でも、それは自分ではわからないものです。

なので、それを見つけ、最大限表現できるよう

させていただくのが私たちの務め。

 

 

独自の強みを見つけるとともに

既存顧客に対するアプローチ方法をお伝えし、

リピート性を高める。

 

 

連動してクチコミ評価も上げて行く。

新規顧客は既存顧客からの

紹介で増やしていく流れを作る。

 

 

================

自分の宿泊施設の強みほどわからない

================

 

 

なので、私たちが見つけ、

言語化させて頂いています。

 

 

=================

強みをどこで紹介すれば

多くの未来のお客様に伝わるのか

=================

 

 

がわからない。

こちらも見て、気づいて、

興味を持ってもらえるよう

一緒に考えていきます。

 

 

確かに旅行会社も予約サイトも

広告屋さんも既存顧客の売上UPの

方法を教えてはくれません。

 

 

新規顧客獲得の話しか

してくれないのです。

 

 

そのためにも

「独自の強み」を見つけましょう。

独自の強みを見つけ、

キャッチコピーや

プランタイトルに活かしましょう。

 

 

独自の強みが伝わりやすい状態で

既存顧客のフォロー中心の行動を行なえば、

1年後の売上は大きく変わります。

 

 

自分だけでやるのは不安・・・

何から始めて良いかわからない・・・

そんな宿泊施設のオーナーさんのために

私たちが一緒に考えていきます。

 

今日も一日、いい日でありますように。