私たちが苦しい時期から抜け出し、売上を上げた集客方法

こんにちは、カネモトです。

私たちは「1棟貸民泊集客」に特化した、

民泊運営代行会社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回はSNSを例にとって

新規病と既存顧客の重要性を

お話しさせていただきました。

 

 

 

とはいっても、

「うちの施設は

SNSやっても

誰も見ていないよ!!」

そんな宿泊施設さんも多いと思います。

 

 

 

私は

2月~4月

7月~10月

沖縄観光の

いい時期がくる前に

 

 

 

「まもなく海開きがはじまりますよ!

綺麗な海を見て気分をリフレッシュしましょう!

 

 

 

ネット予約の受付を開始してしまったら、

すぐに埋まっちゃいますので

確実に予約されたい方は

○月×日までにご連絡ください」

というメール等で

既存顧客のリストに送ったりします。

 

 

 

このメール等で予約を

スタートさせる2ヶ月前までに

繁忙期の土日がほぼ埋まります。

 

 

 

予約が始まると既に

土曜日は満室。

そのため、予約スタート直後は

金曜日と日曜日がすぐに満室になります。

 

 

 

シーズンスタートの2ヶ月前なのに

金土日と1週間のうち3/7が埋まるわけです。

 

 

 

こうなると、シーズンインまでに

平日も勝手に埋まっていきます。

閑散期に予約が入らない!!

閑散期対策を!!

という声をよく耳にします。

 

 

 

閑散期の週末よりも

繁忙期の平日を満室にさせる、

これを前後に波及させる。

 

 

 

このイメージを持つことが

年間通してお部屋を埋めて行く際に

必要な考え方・やり方です。

 

 

 

この方法。

既存顧客の多い繁忙期から

スタートしているということに

ぜひ、注目して下さい。

 

 

 

既存顧客にお金と時間をかける。

広告出したり、業者や予約サイトからの

予約を待っているだけの集客から

既存顧客へのアプローチを優先させる

発想、集客の流れです。

 

 

 

頑張っても、頑張っても

利益の残らない苦しい日々から

私が脱し、借金を返すことができた

肝になったやり方です。

 

 

 

皆さんも

こんな風に安定して

予約が入ってくる仕組みを

作りたくですか?

 

 

 今日も一日、いい日でありますように