SNSをやればやるほどお客様が離れていく可能性 ?

こんにちは。カネモトです。

私たちは「1棟貸民泊集客」に特化した、

民泊運営代行会社です。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

SNSなんかで集客はできない。

SNSなんか、ビジネスに使えない。

 

 

 

こう言われたら皆さん、

どう回答しますか?

 

 

 

私はある側面からは正解で、

ある側面からは不正解である

と考えます。

 

 

 

SNSをうまくビジネスに

活かしている人はいます。

 

 

 

でも、それ以上に

活かしていない人も。

下手すると交流の場である

SNSで売り込みをして嫌われ、

逆効果な人もいます。

 

 

 

SNSで失敗している人は多いです。

いえ、失敗している人の方が多い。

理由は

SNSで新規顧客を集めようとしているから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

 

 

 

「新規集客」病の方が

SNSを使うとことごとく

失敗するのです。

 

 

 

恥ずかしながら私も

Twitterが最初にスタートした時。

Facebookがスタートした時。

宿泊者の「新規集客」

獲得につかっていました。

 

 

 

うまくいっている人は、

SNSを既存顧客との

交流の場として使っています。

 

 

 

あるいは、

お客様がSNSで発信された

投稿にお礼コメントをつけたり

するのを中心に活用されている。

 

 

 

観光目的の宿の場合、

利用していただくのは

年に1回、多くても数回。

 

 

 

その時に選んでもらえるように

覚えておいてもらう、

思い出しておいてもらう

ことが重要です。

 

 

 

SNS投稿は

既存のお客様に思い出して欲しい

~~~~~~~~~~~~~~~

と思えば「新規集客」へ向けた

SNSの投稿に対して

発想を転換したことによって

SNSで発信しなければならない

ストレスが一気に解消しました。

 

 

 

「新規集客」病を解消し、

既存顧客に目を向ける。

 

 

 

こう考え方を変えれば、

今やらなければならないことが何か、

見えてくるはずです。

 

 

 

発想を新規顧客主義から

既存顧客主義に変えるだけで

同じツールを使っても

考え方や行動が変わってくるのです。

 

 

 

でも、SNS上で

宿泊施設さんの発信などをみていると

私が数年前に犯した失敗、新規顧客への

アプローチをイメージした宣伝投稿を

されている方が多いです。

 

 

 

このやり方だと

以前の私と同じ過ちをしてしまいますよ!

このことをお伝えするのが

私の使命なんじゃないかな、

なんて最近は感じています。

 

 

 

次回、もう一つ

具体的な事例をお話しますね。

 

 

 今日も一日、いい日でありますように。