「業績の良い宿泊施設」「業績の良くない宿泊施設」のたったひとつの共通点。

こんにちは。カネモトです。

私たちは『1棟貸民泊集客』に特化した、

民泊運営代行会社です。

 

 

 

 

 

 

宿泊施設に限らず、

企業は『なまもの』であると

考えています。

 

 

常に「経済環境」「ユーザー環境」

などに左右され、その結果宿泊施設には、

「売上」として結果がついてきます。

 

 

つまり、様々な売上の中身を分析する中で、

いかに「改善点」を見つけ、それに対し、

スピーディーに「対処」できるかが

分かれ道になっていると、

日々施設のサポートしている中で強く感じます。

 

 

良い変えれば、

業績の「良い施設」と「悪い施設」の

共通点とは「PDCAの高速化」が

ポイントとなっていることがよくわかります。

 

 

<業績の良い宿泊施設>

・実行することが決まった施策を

「数日」には実施している

 

 

<業績の良くない宿泊施設>

・実行することが決まった施策を

「1ヶ月以上」も実施できない

この点に尽きると思います。

 

 

ちなみに、この「PDCAの高速化」が

実施できずとも「業績の良い宿泊施設」は

実際に存在し、私たちもいくつかその事例を

見てきましたが、そんな宿泊施設でも

「1〜2年以内」には、業績が低迷しています。

 

 

つまり、一見上手くいっているように

見えているだけで実際には、問題点を放置し、

そのツケが必ずどこかで吹き出してきます。

 

 

経営者様が見れば、この「PDCAの高速化」は、

業績を改善させる上で一見当たり前のことですが、

以外にも実行できる宿泊施設様は少ないのが

現状かと思います。

 

 

ではどのように体制を整えるか・・・

 ここまでお読みいただき、ご理解いただいた方は

もはや「やるべきこと」が見えていることと思います。

 

 

◯少なくとも毎月「詳細」にゲストの口コミを

「分析」する

◯分析結果に対し、「具体的なアクション」を

決定する

そしてここが大事なポイントですが

◯具体的なアクションを「いつまでに」

実施するかを決定する

ということに尽きるかと思います。

 

 

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

感謝します。