宿泊運営管理会社の管理代行

現在、多くの宿泊施設及び宿泊運営会社が時代の大きな変化の中にいるかと思います。

弊社もその渦中の中、切磋琢磨、試行錯誤しオーナー様の宿泊施設を守らせていただいています。

 

ある宿泊運営会社の社長さんと話をしているときに、今年に入り宿泊事業がきびしくなり、別事業をすすめていきたいので、現在運営管理している宿泊施設の管理を一緒にしてもらえないでしょうか?とご相談がございました。

その際は検討させてくださいという返事をいたしましたが、その後別の宿泊運営会社様からも管理代行の依頼がございました。

 

 

弊社が悩んでいるときの判断基準として、オーナー様とゲスト様の懸け橋になれているか、施設に貢献できているか、既存の施設が手薄にならないか・・・の3点です。

 

この3点に意識をフォーカスすれば後ほど後悔はないですし、大きく経営方針からずれないかと思っています。

 

 

 

宿泊運営管理はとても地道な作業の繰り返しです。

他の方々が楽しいんで旅行をしているときに、管理画面や電話対応など宿泊者が楽しく旅をしてもらうように、縁の下でささえていないといけない仕事です。

 

弊社、経営理念にもあるように 「 変化に恐れずリスクをとっているか 」「 運営は地道にできているか・・・ 」 今一度初心に戻り、他社様からの運営管理を受け入れるかどうか検討してみたいと思います。

 

いつもご購読ありがとうございます。

明日も一日、皆様にすべてのいいことが雪崩のごとくおきますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です