宮古島に行ってきました②

11月初めに宮古島に行ってきました。いくつかのご施設様とマンスリーの提案や民泊運営の管理のご提案をさせていただきましたが、おかげさまで1棟の民泊運営管理とマンスリーの管理をさせていただくことになりました。こころより感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

こちらの施設様は約1年前に弊社でインテリアコーディネータ様を紹介させていただき、沖縄本島から現地でセッティングをおこなっていただき、その後カメラマン様を派遣させていただきました。

ドローンも飛ばして内装も画像もきれいに仕上げていただきました。

 

 

 

 

 

今回、宮古島に行った目的がいくつかありましたが、そのうちの一つに私が1年半前に友人と宮古島に行った際、予約した宿泊施設様からオーバーブッキングの報告を受け、別の施設を紹介していただきました。

 

私の友人家族は池間島(宮古島の北側)の1棟建平屋で家族5人で宿泊をしました。

施設はオーナー様女性一人で切り盛りしていて、派手でもなく、豪華でもなく、いい家具を使っているわけでもないのですが、室内はとても清潔で、細かいところを見ても丁寧に清掃がいきわたっていています。またチェックインする方に対して手書きでのお手紙が置かれていて、愛を感じる施設でした。

 

5人を置いて私達が別の施設に向かおうと車に乗り込み、走らせたところ私達の車が見えなくなるまで手を振ってくださっている女性のオーナー様がいました。私達はこのオーナー様の姿にココロを打たれていましたが、私の友人に女性オーナー様の対応を聞いたところ、ホストとして素晴らしいご対応されていたみたいです。

 

私は1年半前にこの話を聞いていましたので、今回どうしてもこの施設に宿泊したい事と、弊社のお客様で宮古島に宿泊したい方が数人いるので、送客させていただけないか相談をしに訪問いしました。

各OTAにも掲示されていなく、連絡先もわからないので直接訪問させていただき、何度かお声掛けをしてようやく窓からおそるおそる顔を出してもらい、挨拶をさせていただきましたが、なかなか思い出してもらえないなか、ようやく思い出してもらい、話をさせていただきました。

この施設の素晴らしさと、ホスト様として素晴らしいことを私は熱い気持ちで、何度も何度も伝えさせていただきまいた。

 

オーナー様の話を伺わせてもらうと、今年2月からのコロナで、宿泊予約者が減少し、一時施設をお休みにしていたそうですが、そろそろ施設を開けて、宿泊者を受け入れようかな?と考えていた矢先に、たまたま私達が訪問し、熱い気持ちを聞いて、「 こんなにこの施設を想ってくださる人がいるんだ・・・このご縁とつながりを励みに、良い知らせができるよう、一歩ずつ前進していきたいと思います 」と話されてくださいました。

 

私達はこの言葉を聞いて、ゲスト様を想う気持ちが近いオーナー様が前向きになり、少しづつですが歩みだす気持ちになっていただいたことに感動をしています。

また、この施設はこれから多くの方々に安心感と、癒しを与えてくれる施設、これからココロ満たされない方々に対して必要な施設と私達は心から信じています。

 

もしこの文章を読んでくださっていましたら、私達は心から応援をさせていただきますし、お手伝いできるこやご相談がありましたら、夜中でもお受けいたしますので、ご遠慮なくメッセージいただけますようよろしくお願いいたします。

 

今回の宮古島訪問の最後は、心温まる出来事がたくさんありました。

 

今日も一日、皆様へいいことが雪崩のごとくおきますように!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です